守口集談会は、森田療法で神経症(対人恐怖,不眠,鬱,パニック障害 など)の克服を目的とした大阪府守口市の自助グループです。

☆本当の大悟徹底は、恐るべきを怖れ、逃げるべきを逃げ、落ち着くべきを落ち着くので、臨機応変ピッタリと人生に適応し、あてはまって行くのをいい、人間そのものになりきった有様をいうのである。心悸亢進でも、梅毒恐怖でも、当然恐るべきを恐れ、注意し用心すべきをするのが、「事実唯真」である。恐るべきを恐れてはならないというのを「思想の矛盾」といい、悪知といい、それは決して人間の心情の事実ではないのである。 ☆なお私はこの治療中に、患者をして「純な心」「自己本来の性情」「自分をあざむかない心」というものを知らせるように導くことを注意する。純な心とは、私たちの本然の感情であってこの感情の厳然たる事実を、いたずらに否定したり、ごまかしたりしないことである。私たちはまずこの事実を本として発展するのであって、善悪、是非の標準を定めて、そのあとでこれにのっとるという理想主義でなく、また自分の気分を満足させるという気分本位でもない。(中略)また、たとえば私たちが、いわゆる毛ぎらいといって、人を憎悪することがある。この時にも、この心のままから出発すれば、みずから不具合な自分の心の悪を自覚するとともに、その人に対するあわれみの情を起こし、いつしか次第にその人の美点が発見されるようになる。これに反して、人を愛さなければならぬ、人を憎んではならぬ、という鋳型に自分をあてはめようとするときには、自分の自然の心と理想との間に葛藤が起こって、みずから努力と苦痛とを感じ、かえってその人の欠点、悪い所が次第に目につくようになるのである。 ☆われわれは人生の欲望に対して、常に念掛けあこがれながら、その目的を失わず、しかも何かとその現在現在の事柄に対して、力の及ぶ限りのベストを尽くしているのが、「物そのものになりきる」という自然の状態であります。そこにはじめて「努力即幸福」という心境があるのです。
  毎月第1日曜日が守口集談会の開催日です
守口集談会に関するお問合せは、こちらへお願いします。
但し、神経症に関する事についてのご相談は致しかねる場合があります。

集談会は生活の発見会会員による自主的な活動グループです。
詳細は生活の発見会ホームページをご覧ください。
http://www.hakkenkai.jp/
イラストは、今日もわんパグ様の物を使用しております。

Copyright (C) 2006 Moriguchi Shudankai. All Rights Reserved.